花粉症対策|つらい鼻水・鼻づまりのアレルギー症状の抑え方

もうすぐスギ花粉の飛散が始まります。2013年の花粉の飛散量は多いと予測されています。では、花粉症のつらい鼻水、鼻づまりなどの症状を軽くする対策を紹介します。

まず、花粉症の治療には、3段階あります。
・初期治療:花粉の飛散前に治療を始め、シーズン中の症状を軽くさせる治療です。
・導入療法:初期治療ができず、症状がひどくなってからの治療をさします。
・維持療法:初期治療、導入療法により症状が安定している状態を維持する方法です。

まず、初期治療では、花粉が飛散し始める約2週間前から、抗アレルギー薬の服用を開始します。この初期治療により、飛散のピーク時でも、つらい症状が軽くてすみます。主に、抗ヒルタミン薬の内服薬が使用されます。近年では、眠気の少ないアレルギー薬の処方が多いです。

次に、導入療法では、アレルギー薬とステロイド薬を併用します。ただ、この併用は1週間以内の短期間です。さらに、ステロイド点鼻薬も一緒に使用します。

そして、花粉症のシーズンが終わるまで、維持療法を行います。アレルギー薬単独、または、ステロイド点鼻薬を併用しながら、毎日の服用と点鼻を続けます。

これらの薬物治療に加えて、生活のケアを行います。
・花粉の飛散が多い日の外出を避ける。
・帽子、マスク、ゴーグルなどで花粉との接触を避ける。
・外出後のうがいを徹底する。
・室内に花粉を持ち込まないようにする。
これらは、もう一般化された対策ですね。

また、腸の調子を整えることも、アレルギー予防に有効だと言われています。機能性ヨーグルトがこれに値し、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を和らげます。このヨーグルトの乳酸菌が、免疫のバランスを整えるため、花粉症などのアレルギー反応を低下させると言われています。このヨーグルトも早めに毎日食べないと効果がみられません。

どの対策も、花粉症シーズン中は毎日続けることですね。このヨーグルトの乳酸菌が、免疫のバランスを整えるため、花粉症などのアレルギー反応を低下させると言われています。このヨーグルトも早めに毎日食べないと効果がみられません。

どの対策も、花粉症シーズン中は毎日続けることですね。

 

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: アレルギー   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク